効果のあるやり方はこれです!ビラ配りやポスティングについて

よく行われているビラ配りやポスティング

会社の営業や宣伝の方法でビラ配りという方法があります。特に小売店がその近辺の住民に宣伝をするために、ビラ配りやポスティングをするということが良くあります。しかし、このビラ配りやポスティングというのは、上手くいくものなのでしょうか?チラシをポストに入れても、すぐに捨てられそうな気がしますね。

新聞の折り込み広告は効果がない?

ポスティングでよく行われている印象があるものは、新聞の折り込み広告です。新聞を読もうとする人は必ず折り込み広告を目にしますから、かなり効果がありそうな気がします。しかし、新聞の折り込み広告は実際にはあまり効果がないという話があります。それは若者を中心に新聞を読まない人が増えているためです。今はインターネットでニュースを見る人が増えています。

期間ごとに配布地域を変える

ポスティングやビラ配りを受ける方としては、またかと言いたくなるような、よく見かける広告のチラシがあります。これを裏付けるように、同じ地域ばかりでポスティングやビラ配りをすることは、あまり効果がないと言われています。1週間ほどしたら、広告を配る地域を変えると効率が良いと言われているのです。広告のチラシを受け取る方としては、毎回同じではうんざりしますから、これは確かに効果的なのでしょう。

ビラ配りやポステイングで効果のあるやり方

例えば、家族連れが来やすいような飲食店が、ビラ配りやポステイングをする場合は、ビラ配りは家族連れを狙うと効果的です。そしてポステイングは、一軒屋を中心にして行うと効果が上がるそうです。一軒屋というのは複数人の家族で住んでいる可能性が高いので、家族連れが来やすい飲食店が宣伝するには、効率がいいのです。

ポスティングとは宣伝や情報をチラシなどにまとめて、各家庭のポストに配ることを言います。オープン予告や知って欲しい店の商品など様々な業種の需要があります。