アウトソーシングって何?活用するメリットを知ろう!

ただの業務依頼とは異なるアウトソーシング

アウトソーシングをすることで業務効率化や経費削減が行われるようになってきましたが、その内容についてよく理解していることはビジネスパーソンとして欠かせません。アウトソーシングとはある業務を業者に対して依頼するのとは異なります。基本的にはアウトソーシングの場合には業務内容を細かく指示することはありません。目標として何をして欲しいのかを伝え、それを達成するための企画から運営、評価に至るまでを全て業者に委託することになります。この商品の売り上げを高めて欲しいと伝えれば、そのための販促企画を立てて実施し、どれだけ売り上げが上がったかを報告してもらえるというのが具体例です。もっと漠然とした目標を掲げることもできますが、依頼先の業者の力量と得意分野をよく考慮して依頼することが必須になります。

人材派遣とは異なる魅力

人材派遣を依頼することによって特定の業務に従事する人材を提供してもらうことにより業務効率化や経費削減を行う方法もあります。これはアウトソーシングとはやはり異なり、人材派遣の場合にも基本的には指示をして業務を行わせなければなりません。しかし、人材派遣の場合に目標を与えて企画運営などを任せることも可能です。この方法に比べてアウトソーシングが優れているのは、提示した目標に対して複数の人が従事してくれることであり、多くの専門家を必要とする業務ほど高い効果を期待できます。人材派遣のように社内で働くスタッフを要求することもできるので柔軟性も高いのが魅力です。

営業は、会社のコアとなる大切な業務です。けれども、新市場に参入する場合などには、その時間がありません。そんな時には、営業のアウトソーシングを引き受けるプロ集団、営業代行業者が活躍してくれます。