企業に合った人材かを見極めるための適性検査

なぜ適性検査を行うのか?

適性検査は、現在では大企業だけでなく小規模な企業にも導入されています。

適性検査には、知識が問われる「能力検査」と、性格の傾向を分析する「性格検査」があります。能力検査だけが行われることは少なく、能力検査と性格検査の二つを実施する総合検査、または性格検査だけを実施することが一般的です。

適性検査を行うことによって、能力が適しているかや、どのような素質があるかを判断し、企業に合った人材かどうかを見極める目的があります。

新卒の採用だけでなく、中途採用や昇進などの社内の人事査定でも利用されています。人物を可視化することで、採用や人事の選考のコストを軽減するという役割もあります。

適性検査で何がわかるのか?

適性検査では、業務を遂行するうえで必要な知識や技術を習得できる能力を持っているかどうかを判断します。また、どのようなことに興味や関心を持っているか、職場に順応していけるかなどの性格についてもみることが可能です。

そのため、新卒を採用する場合と中途採用の場合とでは、企業が求める適性検査の役割が違います。

新卒の場合は選考の基準や配属先を決める判断材料になりますが、職種が決まっている中途採用については企業が求める人材に合うかどうかのピンポイントな判断材料になり、新卒に比べると中途採用の場合は適性検査の結果が採用に大きく左右されます。

そのため、適性検査を受ける時は、性格検査では回答がぶれないように注意をする、能力検査は問題集など勉強するなど事前に対策を練る必要があります。

適性検査とは、自らの学問や職業などの特定の適性を知る上で必要な検査のことで、その結果をもとに合否が決定する検査です。