経営者の最大の課題!? 事業承継のポイント

組織を次世代に受け継ぐために

あなたが企業の経営者で、事業が軌道に乗っているなら、そろそろ事業承継を考え始める時期かもしれません。事業承継とは、次の世代の従業員に企業経営を託す行為、またはその準備のことです。あなたが若い経営者だとしても、ずっと経営を続けることはできません。ある程度、歳を取った経営者であれば、急に健康状態が変わることもあります。企業経営を順調に続けられるように(社長が交代しても問題ないように)準備しておくことは、すべての経営者にとって避けられない課題なのです。事業承継をしっかりと考えることは、単純に組織を維持するだけではなく、従業員の家族や取引先に安定を与えていることを忘れないでください。

事業承継を成功させるには?

事業承継は、究極的には次の社長を探す行為です。安心してバトンを渡せる人物を社内で育てられるかどうかが事業承継の成否を決めます。とはいえ、社長の候補者を育成するのは簡単ではありません。社長に必要なスキルや経験を身につけるのは難しく、人物の適性を見抜くのも難しいからです。自分の親族に企業を継がせたい場合、候補者が限られるためさらに難易度が高くなります。いずれにしても、次の社長を見つけるのは時間がかかります。事業がある程度軌道に乗っているなら、少しずつ時間を使って世代交代について考えましょう。もしも収益が危うい状況のときは、将来のことよりも目先のことを優先してください。事業承継を考えるのはゆとりができてからでかまいません。

事業承継とは、事業を後継者に引き継ぐことを言います。昨今では、引継期間の短縮を狙い親族外承継を選ぶ経営者が増えてきています。