倉庫の営業上の違いと借りる時の注意点やポイント

貸倉庫と営業倉庫の違いにはどんな違いがあるの?

世間一般の人から見れば、貸倉庫も営業倉庫も同じ倉庫だと思われるかもしれませんが、厳密に言えば大きく違うものになります。貸倉庫というものは、文字通り倉庫を貸す業務を行っている業種になりますが、営業倉庫は倉庫内で品物を在庫管理したり入出庫などの荷役作業を行ったりする営業形態の業種をいいます。

申請手続きに関しても、営業倉庫の場合は、国に倉庫業申請を行って許可を得る必要がありますが、不動産業の中で貸倉庫を行う場合には倉庫業の申請は必要ありません。

このように双方共に同じような事をしているようですが、実際には異なる業種という事になります。もちろん、営業倉庫を営みながら、貸倉庫を貸している企業も多くあります。

倉庫を借りる時のポイントと注意点とは何か?

企業間での倉庫を保管場所として借りる場合は、様々な契約なども専門的に行いますが、個人事業主の人でも多くの在庫を抱えるような人の場合は、倉庫を借りる必要があるかもしれません。この時に在庫がとても多く、自身で全ての入出庫や在庫管理を行うというのであれば、在庫品の数にあった大きさの倉庫を貸倉庫として借りてしまう方法でも問題はありません。

自身で保管している品物が重い物であったり、扱いに注意が必要な場合は、営業倉庫に相談をしてみるのも一つの考え方になります。営業倉庫であれば、在庫管理はもちろんですが、必要に応じてトラックの手配や入出庫に関する荷役作業なども行ってくれます。

もちろん、貸倉庫に比べると営業倉庫で坪貸のような形で借りると倉庫の賃料というよりも、品物の保管料や荷役作業料という形で請求をされますし、在庫数の保管なども任せると事務手数料も支払う必要があるので、予算に応じた対応が必要です。

物流は、トラックや鉄道によって物資を運ぶことです。物を運ぶことによって、我々は安定して暮らすことができるのです。