引越しは事前の準備が決め手?荷物の正しい扱い方

引越しトラブルの詳細と発生原因

引越しは家財道具を転居先に運搬する作業が不可欠ですが、その一方で荷物の破損や紛失などのトラブルに見舞われる可能性があります。特に荷物の破損は運搬作業時の不手際の他、梱包が適切でなかった際に起きることが多いので注意が必要です。引越し作業は限られた時間内に全ての荷物を移動させる必要があるので、荷物の扱いが粗雑になりやすい傾向があります。特に小型で軽量な荷物は乱暴に扱われやすいため破損するリスクが増大します。また、引越し作業に従事する業者の技術力が低いのもトラブルの原因なので、評判が良く信頼出来る所を選ぶことが大切です。遠距離を移動する場合は特に運搬中の破損が発生しやすいので、荷物を丁寧に扱う業者を選びます。

荷物を傷めない梱包の方法について

引越し作業で大切な荷物を破損させないためには梱包を工夫することが重要になります。荷物を持ち運ぶ際に外部から強い衝撃を受けることがあるので、梱包の際は大きさや形状に関係無く必ず緩衝材を入れるように心がけます。また、ボール紙などの梱包材も破れにくく頑丈な作りの物を使うことで破損を防ぐことが可能です。

荷物の梱包を行う際は緩衝材を入れることを考慮して内容物より大きめにすることが大切です。特に食器や家電製品などはわずかな衝撃でも破損してしまうので緩衝材をたくさん入れる必要があります。そのため、梱包材の寸法には余裕を持たせるのが破損を防ぐ工夫ですが、持ち運びの作業効率を損なわないことも重要な点なので寸法合わせは慎重に行うように心がけます。

不用品とは、壊れていて使うことができないもの、いわゆるジャンク品であり、不用品の回収とはこの壊れているものを回収するサービスのことです。